トップA

トップB

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

介護事務の実技試験とは

介護事務の試験って?

介護事務(ケアクラーク)の試験は学科と実技が存在します。

 

学科試験

介護保険制度、介護報酬請求などの法規、介護給付費単位数の算定、介護給付明細書の作成、介護用語についてといった介護請求事務の分野からの問題が選択式で30問です。問題文が長いことが多いので「うわっ」と思うかもしれませんが慣れてください。

 

スクールや通信講座のテキストをしっかりとやっていればどれも解ける問題です。

 

実技試験

レセプト作成、介護給付費の明細費作成などが問題となります。

レセプトとは、(介護)報酬明細書と言い、利用者が受けた介護において公的医療保険の運営者、健保組合といったところに請求する介護費の明細書です。

内容としては患者の個人情報から処方した薬の費用、リハリビなどの点数を記載します。

点数制になっていて、医療機関、介護機関は点数を合算して、費用をを請求するシステムです。

小難しく書きましたが、問題自体はそこまで複雑な問題ではないです。

が、しっかりと日頃からレセプトを作成する練習をしておくことや、外泊時費用の重複といったひっかけもあるので注意してください。

 

 

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ