トップA

トップB

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

介護事務の仕事内容

人気のデスクワークと言えば医療事務を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

このページでは、”介護事務”の仕事内容についてご紹介します。

*介護事務とは*

介護事務とは、「介護報酬請求業務」を中心に行う仕事です。

介護施設には必要不可欠で、介護の現場を支える重要な役割をしていますね。

具体的には利用者が介護サービスに対して支払う費用の中から、利用者本人以外の負担となるお金を請求する、という業務を主に行います。

2000年に介護保険が導入されてから、介護サービスに必要な料金は1割を利用者が支払い、残りは国へ請求する決まりとなっています。

具体的に国へ請求する作業を行うのが、介護事務の担当と言えますね。

 

*介護事務の資格を取得する事のメリット*

超高齢化社会にともない、介護事務の資格を持つ事はとてもメリットがあります。

介護の仕事は常に人手不足の為、介護事務の資格を持ってさえいれば働きたい時にすぐに仕事を見つけやすいと言えます。

一般事務や医療事務は今やとても倍率が高いのですが、介護事務の場合、介護の仕事に抵抗感を持っている人もいる為、まだまだ仕事を見つけやすいと言えるでしょう。

事務の仕事にあこがれている方は、とりあえず介護事務の資格は持っていても損はしないですね。

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ