トップB

トップA

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

介護事務のレセプトとは?

介護事務の資格をとろうと考えたとき、実技試験としてつきまとうレセプト作成という言葉ですが、この手の言葉はその仕事に従事している方は勿論、よくご存じだとは思いますが、全く知らない人だとなんのことだろう?と思う人のほうが多いのではないでしょうか。

レセプトですが、もとはドイツ語からきていて、日本語にすると介護報酬明細書のことを指します(診療の形態によって地味に呼び方は変わります)。

病院などで治療を受ける際、1割は自己で負担しますが、あとは国民保険などでお金が支払われますよね?

介護も同じく、介護保険のサービスを受けると9割は国民健康保険連合会というところがかわりにお金を支払ってもらいます。

これは介護サービスを行う側がしっかりと請求しないとお金が支払われないわけです。

そのためにレセプトを作成、患者さんの情報のほかに診察料や病名、薬をいくつ使ったのかなどを記載したレセプトを作成し、保険者に送って診療報酬をもらわないといけないんですよね。

ざっくり言ってしまえばレセプト業務は介護における経理いうことですね。

これに不備や遅延があったりすると、支払われるはずの診療報酬が支払われないと言ったことになり経営に本当におおきなダメージになります。

実際の現場とは違う、裏方の仕事ではありますがとても大切な仕事ですね。

介護事務に携わりたい!

と考える場合には避けては通れない道なのでしっかり勉強してくださいね。

テキストが分かりやすいユーキャン☆
↓↓↓↓↓↓


お金をかけずに資格取得★
↓↓↓↓↓↓

トップB

トップA

サブコンテンツ

このページの先頭へ